闘龍@粋鶏のカメラブログこちらへもどうぞ↓↓↓

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

【みんカラ】

無料ブログはココログ

« スーツケース | トップページ | 生涯の友 »

2008年9月10日 (水)

Borsalino ビーバー・ハット

帽子を被ると、人はその立ち振る舞いまで変わるという。
帽子を被ることによって、男は自らを顧み、自信を深める。
と同時に変身願望をも満たしてくれる。
ひとりの人間がふたつの気分を味わうことができる。
ソフト帽は紛れもなく、男を紳士にする特効薬なのである。
                           (出石 尚三)

8日(月)、9日(火)と東京へ出張へ行ってきた。

そのついでと言ってはなんだが、以前より気になっていた店へ立ち寄った。

Photo

銀座にある「トラヤ帽子店」である。

Photo_2

トラヤ帽子店は、大正六年創業以来、ソフト帽、パナマ帽で古くから
親しまれている帽子屋である。

お目当てはボルサリーノのビーバーハット

厳選されたビーバーの毛をフェルト状にし、何度も縮柔した帽体を使用しているので滑らかな感触は心地よい。

まさに、ボルサリーノを代表するハットだ!

Photo_3

専用ボックス入り。

Photo_4

ボルサリーノは、この様なシュチュエーションも絵になる。

Photo_5

男心を魅了してやまない・・・それがボルサリーノなのだ。

Photo_6

今、秋もののスリーピーススーツが出来上がるのを待っているのだが、もちろん頭には、このハットで決まりだ!

Photo_7

トラヤ帽子店では、こんな本も購入した。

筆者は文中で、

ボルサリーノを被って「これでやっと大人になった。」と初めてボルサリーノを手にした時の気持ちを綴っている。

また、

手が届かないはずのボルサリーノに手が届くのは、男にとっての何よりの快感である。たいていの理想は手が届かないようにできているのに対して、ボルサリーノは手が届く理想なのだから・・・とも・・・・・・

1857年創業以来、150年の歴史を歩み続ける「ボルサリーノ」に敬意を表しつつ、俺はまた「至福の時」を手に入れた・・・

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 30代オヤジへ

クリックの御協力をよろしく御願いします。

« スーツケース | トップページ | 生涯の友 »

22 ジェントルマンアイテム」カテゴリの記事

24 ハット・キャップ」カテゴリの記事

コメント

闘龍さん、やっと服飾の世界に帰ってきましたね(笑)
ボルサリーノいいですね。実は私も既に秋冬用購入しました。
夏用はしつこく被っているので、周りは大分慣れてきたようです。
今回購入したボルサリーノ。ちょっと変わっています(詳細はブログで後日)エジンバラのカバートクロスを使ったカバートコートを着用するときはマストにしようと思っています。

らみいさん、ただいまです(^^)

ここのところずっと車ネタばかりで恐縮です(汗)

今夏はとても暑かったので、そもそもスーツを着用する回数が減り、パナマも数回しか活躍しませんでした。

しかし、周りの眼が快感でしたよ!

これからの季節は、このビーバーをおおいに被るつもりです。

今、グレーと茶系のスリーピースが出来上がるのを待っているのですが、ボルサリーノに似合う、ブラックのスリーピースを企んでいます(^^)

マフィアっぽく・・・が理想です!

らみいさんのボルサリーノ、楽しみにしておりますよ!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1029554/23630455

この記事へのトラックバック一覧です: Borsalino ビーバー・ハット:

« スーツケース | トップページ | 生涯の友 »

フォト