闘龍@粋鶏のカメラブログこちらへもどうぞ↓↓↓

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

【みんカラ】

無料ブログはココログ

« 暮れ行く中で・・・ | トップページ | ニコンAF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G (IF) »

2008年5月15日 (木)

SCOTCH GRAIN ストレートチップ インペリアルII 930BO

本日御紹介する靴は、SCOTCH GRAIN ストレートチップ インペリアルII 930BOだ。

Photo_6

フジカーフ(仏・PUY社)・ワイズは3E・色はボルドをチョイスした。

Photo_7 インペリアルは、スコッチグレインが送る最高峰の靴である。

Photo_8 モデル930は、メダリオンがついた内羽根式のセミグローブ(ストレート・メダリオン)。通常のストレートチップよりもカジュアルではあるが、しっとりとした革がエレガントさを演出している。

Photo_9 つま先と踵部分はポイントとして、ブラックのWAXで磨き、アンティーク仕上げを施してみた。

5

使用している革は、プイ社のフジカーフ。フジカーフの「フジ」は富士山の「フジ」。日本のヒロカワ製靴が特注したことにより、デュ・プイ社が名づけた革の名前らしい。

ジョンロブやエドワードグリーン等、世界に誇る英国靴には及ばないが、造りの丁寧さは、さすがはスコッチグレイン・「MADE IN JAPAN」だ!!

この靴が仮に「英国のノーザンプトン」で作られていたら、いったい値段はいくらになるのか?

それほど素晴らしい革と造りなのだ!

画像で着用しているのはチャコールグレーのスーツだが、俺はこの何ともいえない色気あるボルドーを、あえてブラックのスーツに合わせるのが好きだ。

真に永く愛用して行きたい、ヒロカワ製靴(スコッチグレイン)の職人たちの技と思いが込められた一足である。

まだまだ履き込みが足りないが、数年後、確実に「いい味」が出ているのは間違いないだろう。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 30代オヤジへ

クリックの御協力をよろしく御願いします。

« 暮れ行く中で・・・ | トップページ | ニコンAF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G (IF) »

18 紳士靴 」カテゴリの記事

コメント

見た目もそれ以外も、何とも「艶のある」靴に仕上げてますね。

どうしても英国靴より格下に見られがちな国産靴ですが、
職人さんたちの技量は決して劣らないと思います。

hikoさん、おはようございます!

おっしゃる通りです。
下手な英国靴よりもクオリティ高いですよね!

それに色も気に入ってます。

電化製品と一緒で、日本製は信頼できますね!

はじめまして。

フジカーフ、非常に興味があります。サイズ表示が大きいのですが、実際に。かかととか、ウィズとか大きくないですか。履いたことがないので、心配です。何せ、私の足は、ウィズに比べて、かかとが、小さいので。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1029554/20969852

この記事へのトラックバック一覧です: SCOTCH GRAIN ストレートチップ インペリアルII 930BO:

« 暮れ行く中で・・・ | トップページ | ニコンAF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G (IF) »

フォト