闘龍@粋鶏のカメラブログこちらへもどうぞ↓↓↓

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

【みんカラ】

無料ブログはココログ

« 昭和レトロの食堂街:滝見小路 | トップページ | 三脚 »

2008年5月26日 (月)

SCOTCH GRAIN ダブルストレート インペリアル プレスティージ 956BL

本日は、SCOTCH GRAIN ダブルストレート インペリアル プレスティージ 956BLを紹介させて頂こう。

Photo_8

モデル956は、上質なカーフに、ダブルストレートとメダリオンをあしらった内羽式の靴。

Photo_2 一本追加されたストレートが、エレガントさを演出している。ロングノーズだからこそのダブルストレート。独特なパーフォレーションのデザイン、工芸品さながらの美しい縫い目も魅力的である。染色した革に染料を使って仕上げたアニリンカーフで、革本来の表面に透明感がもたされている。アニリンカーフでの色出しの良さは世界一といわれているらしい。ソールは、オイルソール。油分を革底に含ませてあるため、よりしなやかなで耐久性に優れている。

Photo_3 このモデルは、フランスから輸入したカーフ(子牛の革)を使用しています。コンセプトは「最高級のクラシックなカーフ製品を造りだすための良質な素材造り」というもの。

Photo_4 欧州産(フランス、ドイツ、スイス)の良質な原料を使用して、時間をかけて、作られた最高級のアニリンカーフは、ヨーロッパをはじめ世界の著名なブランドから絶大な信頼と評価を勝ち得ている。

Photo_5 優れた耐久性を持ち、その年月と共に使い込みそして磨き込む程に味わいの深さを感じさせてくれる皮本来の「革」造りを実践しているタンナーだ。

Photo_6 なめしは、鉱物製のクロームなめし、仕上げは顔料仕上げの上にガラス玉で銀面と呼ばれる革の表面を磨いて艶を出している。

Photo_7 弾力性に富んだなめしの良さ故に、長期の使用にも耐え、使い込むほどに革味がよくなってくる。なお同社の靴用のボックスカーフは、履きこんでから2~3年すると、他社製のボックスカーフとの品質の差が出てくるといわれている。

この靴の魅力は「ダブルストレート」。

他ブランドには見られないデザインが気に入って購入した。

革も上質で申し分なく、磨いていて楽しい靴だ!

俺が所有するどの靴よりも「存在感」があり、パンチの効いた靴だ!

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 30代オヤジへ

クリックの御協力をよろしく御願いします。

« 昭和レトロの食堂街:滝見小路 | トップページ | 三脚 »

18 紳士靴 」カテゴリの記事

コメント

闘龍さん、こんばんわ。
ダブルストレートいいですね~。私も銀座店で二年位前購入しました。
ダブルストレートは中東とか、あるいはハンガリー辺りの香りがしますよね。
ところで、鏡面仕上げ相変わらず気合いが入ってますね。
ブローグがあると、そこから水を吸ったりしてなかなか上手く仕上がらないのですが、闘龍さんのインペリアルは完璧ですね。
私も鏡面仕上げ頑張りまーす。

らみいさん、こんばんは。

同じ靴をお持ちなんですか!!
親近感がわきます(^^)

鏡面仕上げは、私的にはたっぷりと時間をかけて、少量のWAXを何重にも重ねて行く感じで仕上げてますね。

一回履いたら、馬毛ブラシでほこりを払った後、セーム革で丁寧に拭いてます。

靴を磨いていると、時間を忘れますね(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1029554/21178002

この記事へのトラックバック一覧です: SCOTCH GRAIN ダブルストレート インペリアル プレスティージ 956BL:

« 昭和レトロの食堂街:滝見小路 | トップページ | 三脚 »

フォト