闘龍@粋鶏のカメラブログこちらへもどうぞ↓↓↓

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

【みんカラ】

無料ブログはココログ

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008年5月27日 (火)

三脚

昨年9月にカメラを購入してから色々調べて行くうちに、どうやら三脚は必需品ということに気付いた。 特に夜景撮りでは、どうしても手ブレが生じてしまいなかなか上手く撮れないので絶対に必要だと思った。

Max574

とりあえずお手頃価格の三脚をと思い、ベルボンのULTRA MAX i L を購入してみた。質量も990gと軽く、5段で縮長も360mmとコンパクトなので持ち運びに便利だ。

がしかし・・・ ネットでの口コミやその他色々と調べてみると、どうやらもっとしっかりとした三脚の方がいいみたいなので・・・

574

次の日に買ってもうた(^^;) ベルボンのEl Carmagne 645

色んなサイトでも一押しの商品らしく、最後は店員さんの「これを買っとけば、まさに一生もんですよ!」という一言で購入決定! 4段、縮長585mmで質量2340g。 家に帰って早速D80とセッティングしてみると、これがなかなかグッド! やはり頑丈だ!

が、購入以来7ヶ月が過ぎたが、正直まだ1回しか使ったことが無い(汗)

ついついめんどくさくて、少々の暗さならISO感度を上げて手持ち撮影してしまうのだ(笑)

こんなことでいいのだろうか・・・・・・(^^;)

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 30代オヤジへ

クリックの御協力をよろしく御願いします。

2008年5月26日 (月)

SCOTCH GRAIN ダブルストレート インペリアル プレスティージ 956BL

本日は、SCOTCH GRAIN ダブルストレート インペリアル プレスティージ 956BLを紹介させて頂こう。

Photo_8

モデル956は、上質なカーフに、ダブルストレートとメダリオンをあしらった内羽式の靴。

Photo_2 一本追加されたストレートが、エレガントさを演出している。ロングノーズだからこそのダブルストレート。独特なパーフォレーションのデザイン、工芸品さながらの美しい縫い目も魅力的である。染色した革に染料を使って仕上げたアニリンカーフで、革本来の表面に透明感がもたされている。アニリンカーフでの色出しの良さは世界一といわれているらしい。ソールは、オイルソール。油分を革底に含ませてあるため、よりしなやかなで耐久性に優れている。

Photo_3 このモデルは、フランスから輸入したカーフ(子牛の革)を使用しています。コンセプトは「最高級のクラシックなカーフ製品を造りだすための良質な素材造り」というもの。

Photo_4 欧州産(フランス、ドイツ、スイス)の良質な原料を使用して、時間をかけて、作られた最高級のアニリンカーフは、ヨーロッパをはじめ世界の著名なブランドから絶大な信頼と評価を勝ち得ている。

Photo_5 優れた耐久性を持ち、その年月と共に使い込みそして磨き込む程に味わいの深さを感じさせてくれる皮本来の「革」造りを実践しているタンナーだ。

Photo_6 なめしは、鉱物製のクロームなめし、仕上げは顔料仕上げの上にガラス玉で銀面と呼ばれる革の表面を磨いて艶を出している。

Photo_7 弾力性に富んだなめしの良さ故に、長期の使用にも耐え、使い込むほどに革味がよくなってくる。なお同社の靴用のボックスカーフは、履きこんでから2~3年すると、他社製のボックスカーフとの品質の差が出てくるといわれている。

この靴の魅力は「ダブルストレート」。

他ブランドには見られないデザインが気に入って購入した。

革も上質で申し分なく、磨いていて楽しい靴だ!

俺が所有するどの靴よりも「存在感」があり、パンチの効いた靴だ!

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 30代オヤジへ

クリックの御協力をよろしく御願いします。

2008年5月25日 (日)

昭和レトロの食堂街:滝見小路

昨日、ブライトリングのメンバーズサロン2008が開催された梅田スカイビルの地下1階に昭和初期の下町情緒あふれる商店街を再現した「滝見小路」がある。

Photo

交番の前には、ビクターのニッパー君もいる。

Photo_2
Photo_3

ここに訪れると、「古きよき時代」へタイムスリップすることができる。

Photo_4

Photo_5

Photo_6

たばこ屋さんには、レトロな公衆電話が・・・

Photo_7 Photo_8

郵便局にも昔懐かしいポストが置いてある。

平成も20年目を迎え、世の中はすっかり便利になってきたが、その分失われてしまった「大切なもの」もあると思う。

こんな懐かしい光景を肌で感じ、「大切なもの」を思い出すのも悪くない・・・

D300+ニコンAF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G (IF)

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 30代オヤジへ

クリックの御協力をよろしく御願いします。

2008年5月24日 (土)

ブライトリング「メンバーズサロン2008」

本日はクラブ ブライトリングのメンバーズサロン2008へ参加して来た。

Photo_2 Photo_3

場所は、梅田スカイビル・タワーウェスト3F。

Photo_5 この催しは、ブライトリング正規品オーナーの為の催しであり、2008年バーゼルフェア発表モデルの展示。 ブライトリングの真髄に触れるプレゼンテーションスペース。 新着映像の公開。 そしてプロフェッショナルな時計技術者やスタッフとの歓談。 ブライトリングが心を込めてセレクションしたワインやドリンクを片手に、いろんな出会いや交流の会だ!

Photo_6

案内に従って会場へ入り、

Photo_7 まず最初に「メンテナンス・アドバイス」のスペースへ向かった。

Photo_8 ここでは、所持する3本のブライトリングを診断してもらった。 技術者の方は実に丁寧でかつ迅速に作業を進める。

Photo_9

診断の結果、3本とも規定値にきっちりと収まり、「非常に元気に動いております。」とのこと。 実に気分がいい!!

会場の模様は、次のとおり・・・

Photo_10 Photo_11 Photo_12 Photo_13 Photo_16 Photo_17 Photo_18 Photo_19

俺のお目当ては、

Photo_20 Photo_21

やはりここしかないだろう(笑)

Photo_22

ベントレーはやはりものすごい人気だ!

Photo_24

NEWモデルの「ベントレーGMT」を腕にはめさせてもらったが、強烈なインパクト!!!

ケース直径は、脅威の「49mm」だ!

俺が愛用している「ベントレーGT」で44.8mmなのだが、それでもかなり大きいのに更に4.2mmも大型なのだ!

ちなみに、以前愛用していた「ロレックス デイトナ」が直径40mmなので、いかにブライトリングの時計が「存在感」があるかおわかり頂けるであろう。

欲しい~ でも金ねぇ~~

ってことで、

Photo_25 お茶しながら寛ぎ、帰途についた・・・

撮影はすべて

D300+ニコンAF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G (IF)

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 30代オヤジへ

クリックの御協力をよろしく御願いします。

2008年5月23日 (金)

デプス バズジェットJr

Photo

1年ぶりにルアーを買った。 ずぅ~っと釣りには行ってなかったのだが、ここんとこ久しぶりにバス釣りに行きたい病が疼いている(^^)

今日購入したのは、デプスのバズジェットJrだ。

Photo_2 マットチャートと、

Photo_3 フレームエンゼル。

Photo_4 それと、リアルブルーギルの3つ。

近所の野池での陸っぱりを意識して購入してみた。

バス釣りでは、やはりトップでの釣りが最高にエキサイティングだ!!

大きな口をした「奴」が、水面を割ってルアーに食らいついてくる。 その瞬間を体験したら、もう病み付きだ!!

これからのシーズン、朝夕や夜に、時間のある時は近所の野池へ出陣しようと思う!!!

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 30代オヤジへ

クリックの御協力をよろしく御願いします。

2008年5月22日 (木)

トンボ

Photo

いきなり近づくとすぐに飛び立ってしまうので、慎重に身を低くして近づいた。

Photo_2

Photo_3

本当は飛び立つ瞬間を撮りたかったのだが、なかなか難しい(^^;)

京都府 相楽郡 精華町

D80+タムロンSP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 (Model272E)

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 30代オヤジへ

クリックの御協力をよろしく御願いします。

2008年5月21日 (水)

ルアー製作・はじめの一歩

Photo

いてもたってもいられなくなった俺は、近所のホームセンターでルアー制作の材料・道具を購入してみた!
とは言っても、まだ超初心者なので、道具類等何を買っていいのかわかならかったが・・・
とりあえず、ペンシルベイト制作に使うヒノキの丸棒とノコギリ・クラフトナイフに紙ヤスリを購入することにした。
これでとりあえず何となくの形を作ろうと考えたのだ。


その後、家に帰って思い出したのだが、そうい言えば昔に趣味で集めたナイフ達がクローゼットの奥に隠れてたんや^^

1_2

上からバック社のフォールディングナイフ
2段目が佐治武士作 和式カスタムナイフの岩魚
3段目が相田義人作 カスタムナイフ 3インチセミスキナー
4段目が鹿山利明作 カスタムフォールディングナイフ

どうせやるなら、こんな道具でやる方が雰囲気出るやろ(^^) なんて感じでとりあえず始めてみることにしたのだった・・・

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 30代オヤジへ

クリックの御協力をよろしく御願いします。

ハンドメイドルアーの世界(序章)

このカテゴリーでは、昨年の3月にふとしたことから「ハンドメイドルアー」に興味を持ち、日に日にその魅力に引きずり込まれて行った男の軌跡を綴って行こうと思う。

きっかけは「美容院」だった・・・

その店の主人Sは、俺と中学の同級生であり、何より「ブラックバス釣り」と「ルアー作り」が大好きな奴である。

2週間に一度、カットをしてもらいに通い、Sから「ハンドメイドルアー」の楽しさや奥の深さを聞かされるうちに洗脳されて行った・・・

もともとガキのころから「釣り」は大好きで、ブラックバスも結構はまった時期があったので、興味を持ち始めたらいてもたってもいられなくなったのだ(笑)

早速ネットで色々と調べてみた。
結構奥が深そうで、「自分に出来るかな?」と思ったが、とりあえず教科書を手に入れようとあちこち探してみた。

しかし、この手の本はあまり出版されてないこに気づく(^^;)
そこで、今は絶版となっているハンドメイドルアーの世界とハンドメイドルアーの世界2という中古本をネットで注文した。

1

早速パラパラめくってみると、なんとも楽しそうではないか^^
まず最初に作るルアーは、ペンシルベイトに決定!

そんな感じで、俺は未知の世界へと足を踏み入れて行ったのだった・・・

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 30代オヤジへ

クリックの御協力をよろしく御願いします。

2008年5月20日 (火)

D300 ISO感度設定(感度自動制御)

D300の機能のひとつに、ISO感度設定というものがある。

Iso ISO感度設定のメニューへ進むと・・・

Iso_2 「感度自動制御」という機能があるのだが、これが非常に便利なのだ。 

これは、カメラが自動的にISO感度を変更してくれる機能である。

Iso_4 「制御上限感度」

感度自動制御する場合の、ISO感度の上限(400~HI 1)を設定することにより、これより高い感度に上がることはない。

俺は、3200に設定してみた。

Iso_5 「低速限界設定」

露出モードP、Aで感度自動制御する場合のシャッタースピードの低速側の限界(1/250~1秒)を設定する。

では、シャッタースピードの低速側の限界を色々と変更して、実際に撮影してみた。

今日の夕方、時刻はそろそろ日が沈みかけた6時45分頃。 自宅の玄関にて、照明を一切点灯せずに、光量といえば、玄関の細いすりガラスから入るわずかな光だけという状況下での撮影である。

レンズは、シグマの30mm F1.4 EX DC HSMを使用した。

露出モードは、PでWBオートを選択した。

21

まずは、シャッタースピードの低速側の限界 1/2から。

F1.4 ISO200となった。このシャッタースピードが、今の俺には手持ちで撮影する限界だと思う。

41

次に1/4。

F1.4  ISOは400となった。

81

次は1/8。

F1.4  ISOは800。

151

次は1/15。

F1.4  ISOは1600。

301

最後に1/30。

F1.4  ISOは2000となった。

ISO感度が2000という数字が出たが、正直初心者の俺には画像を見ながら批評する知識も目もない。 

ただ、初心者の俺が光量の少ない状況の中で、少なくともブレブレにならずに手持ちで撮影できるということはわかった。

こんなド素人が、D300の機能を使いこなせるのか? と思っていたが、逆に俺みたいなド素人こそ使いやすいカメラではないだろうか?

カメラが勝手に選択し、その条件での最適なセッティングで撮影できるなんて、なんとも素晴らしいではないか!!

他にもこのD300には、俺みたいな初心者を手助けしてくれる機能が沢山あるので、説明書とにらめっこしながら、少しずつマスターして行けたらと思っている。

いずれにしても、この「D300」恐るべしである(笑)

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 30代オヤジへ

クリックの御協力をよろしく御願いします。

竜馬がゆく

Photo_2

これほどまでに國を憂い、國の為に生涯を賭けた男がいただろうか?

「尊皇攘夷」を掲げる維新の志士達は、國の将来を憂いて、幕府を倒すことに己を奮い立たせたのだが、倒幕後の「日本のあり方」まで考えていたのは、おそらく竜馬一人ではないだろうか?

全八巻・・・
司馬を読む度に、「俺もやらねば!」
と、武者震いを覚える俺だ!

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 30代オヤジへ

クリックの御協力をよろしく御願いします。

2008年5月19日 (月)

単焦点レンズ

シグマの単焦点レンズ・30mm F1.4 EX DC HSM

F141 F142

このレンズは、やはり開放F値1.4という明るさに尽きるだろう。

屋内での撮影では威力を発揮する。 その明るさ故にシャッタースピードを稼げ、光量の少ないところでも感度を上げずに撮影できる。

主に、屋内での家族・愛犬の写真から、風景・夜景等、幅広く使えるレンズだ!

俺が所有するレンズの中では、ニコンの便利レンズ・AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G (IF)があるが、最近では、このシグマ・30mm F1.4 EX DC HSMが常用レンズになりつつある。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 30代オヤジへ

クリックの御協力をよろしく御願いします。

2008年5月18日 (日)

田舎の風景

Dsc_0721

Dsc_0746 Dsc_0745

D300+シグマ30mm F1.4 EX DC HSM

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 30代オヤジへ

クリックの御協力をよろしく御願いします。

超広角レンズ

1020960

シグマ10-20mm F4-5.6 EX DC HSM。

主に登山での山頂からの風景撮りの為に購入した。

購入当初、試し撮りしてみて「ここまで入るのか!」と驚いたのを覚えている。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 30代オヤジへ

クリックの御協力をよろしく御願いします。

2008年5月17日 (土)

愛犬

我が家の愛犬を撮影してみた。

Dsc_0645

柴犬の「リキ」♂ 8歳

Dsc_0542

シーズーMIXの「さくら」♀5歳

Dsc_0478 Dsc_0479 Dsc_0651 Dsc_0551 Dsc_0696

2ショットでじゃれ合っているところも撮ったのだが、なかなかピントが合わず・・・もっと修業しなければ(汗)

使用レンズは、シグマの30mm F1.4 EX DC  HSMだ。

さすがにF値が1.4だけあって、屋内でもシャッタースピードを稼げる。

もっと良い写真が撮りたいのだが、徐々に腕を上げて行くしかないだろう。

こんな風に試行錯誤しながらシャッターを押している時間が至福の時である。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 30代オヤジへ

クリックの御協力をよろしく御願いします。

マクロレンズ

俺流レンズ沼のきっかけとなったマクロレンズ、タムロンのSP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 (Model272E)だ!

960

花とか虫のUPを撮る為に購入した

ニコンのAF-S VR Micro Nikkor ED 105mm F2.8G(IF) とどちらにしようか最後まで悩んだが、ニコンはやはり大きくて重いのでタムロンに決めた。

今までは花とかあまり興味がなかったのだが、カメラを始めてから「あれは何ていう花だろう?」と立ち止まって考えるようになった(^^)

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 30代オヤジへ

クリックの御協力をよろしく御願いします。

ニコンAF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G (IF)

18200960

昨年9月、D80の本体と一緒に最初に購入したレンズがニコンAF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G (IF)

かなりの人気商品で一時期は入手困難だったようだが、在庫はすぐに見つかった。(^^)

デジイチ初心者の俺は当初、このレンズ一本で何でも撮ろうと思っていたのだが・・・

少し重いが、VRのおかげで下手クソな俺でも結構綺麗な撮影ができる!

今は、新たに購入したD300にとセッティングしている。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 30代オヤジへ

クリックの御協力をよろしく御願いします。

2008年5月15日 (木)

SCOTCH GRAIN ストレートチップ インペリアルII 930BO

本日御紹介する靴は、SCOTCH GRAIN ストレートチップ インペリアルII 930BOだ。

Photo_6

フジカーフ(仏・PUY社)・ワイズは3E・色はボルドをチョイスした。

Photo_7 インペリアルは、スコッチグレインが送る最高峰の靴である。

Photo_8 モデル930は、メダリオンがついた内羽根式のセミグローブ(ストレート・メダリオン)。通常のストレートチップよりもカジュアルではあるが、しっとりとした革がエレガントさを演出している。

Photo_9 つま先と踵部分はポイントとして、ブラックのWAXで磨き、アンティーク仕上げを施してみた。

5

使用している革は、プイ社のフジカーフ。フジカーフの「フジ」は富士山の「フジ」。日本のヒロカワ製靴が特注したことにより、デュ・プイ社が名づけた革の名前らしい。

ジョンロブやエドワードグリーン等、世界に誇る英国靴には及ばないが、造りの丁寧さは、さすがはスコッチグレイン・「MADE IN JAPAN」だ!!

この靴が仮に「英国のノーザンプトン」で作られていたら、いったい値段はいくらになるのか?

それほど素晴らしい革と造りなのだ!

画像で着用しているのはチャコールグレーのスーツだが、俺はこの何ともいえない色気あるボルドーを、あえてブラックのスーツに合わせるのが好きだ。

真に永く愛用して行きたい、ヒロカワ製靴(スコッチグレイン)の職人たちの技と思いが込められた一足である。

まだまだ履き込みが足りないが、数年後、確実に「いい味」が出ているのは間違いないだろう。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 30代オヤジへ

クリックの御協力をよろしく御願いします。

2008年5月14日 (水)

暮れ行く中で・・・

Photo_9

この写真は、昨年の10月末に寝屋川の太間にある淀川河川敷公園で撮影したものだが、俺的に結構気に入っている1枚だ!

D80+シグマ10-20mm F4-5.6 EX DC HSM

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 30代オヤジへ

クリックの御協力をよろしく御願いします。

EDWARD GREEN・CHELSEA

JOHN LOBBと並び世界中のジェントルマン達に愛される英国靴であるEDWARD GREENのCHELSEAを御紹介しようと思う。

Photo

この靴は、主に冠婚葬祭で活躍してくれている。

Photo_2

LASTは伝説の202だ。

Photo_3

Photo_4

最上級の革を使用しているので、つま先のハイシャイン仕上げも短時間で楽にできる。

Photo_5 Photo_6 Photo_7

Eウィズの202はボールヒョイントにゆとりがあるので日本人の足幅に合いやすく、土踏まずを絞ることで足を支えるフィッティングである。

エドワードグリーンを代表するこのストレートチップは、ボールジョイントから先が絞り込まれ、キャップが小ぶりでカッコよく、見た目の美しさと履きやすさを両立させた点が、多くの支持を得た。

いざという時には絶対に外せない靴。

それがこのチェルシーだ!

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 30代オヤジへ

クリックの御協力をよろしく御願いします。

2008年5月13日 (火)

くろんど池にて・・・

今日は昼間少しだけ時間が出来たので、交野市にある「くろんど池」に撮影に行ってきた。

Photo

時間があまりなかったので、じっくりとは撮影できず・・・

Photo_2 Photo_3

車を降りる前はこいつら皆で水浴びしてたのに、車を降りてカメラを向けようとすると、陸へ上がってしまった(^^;)

Photo_4 Photo_5 Photo_6

最後に猫3連発!!

交野市 くろんど池

D300+ニコンAF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G (IF)

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 30代オヤジへ

クリックの御協力をよろしく御願いします。

2008年5月12日 (月)

シグマの超望遠レンズを予約!

毎日毎日排気ガスにまみれていると、フッと何処か遠くへ行きたくなる。

野鳥でも撮りに出かけようか・・・

それがきっかけである。

Photo_5

シグマ APO 150-500mm F5-6.3 DG OS HSM

■シグマ APO 150-500mm F5-6.3 DG OS HSMの主な仕様

約4段分の手ブレ軽減効果を発揮

引き寄せ効果と圧縮効果を自在に操れる500mm の超望遠ズームレンズ。約4段分の手ブレ軽減効果を発揮する、手ブレ補正OS(Optical Stabilizer)機構を搭載。スポーツや野鳥、風景等の手持ち撮影に威力を発揮します。

全撮影距離で高画質を実現
SLD (Special Low Dispersion:特殊低分散)ガラスを3枚採用し、色収差を良好に補正。フォーカシングによる収差変動の少ないリアフォーカス方式を採用。全撮影距離で高画質を実現しています。スーパーマルチレイヤーコートの採用により、フレア・ゴーストの発生を軽減。ズーム全域で優れた描写性能を発揮します。

AFスピードの高速化と静粛性を実現
HSM (Hyper Sonic Motor)搭載により、AF スピードの高速化と静粛性を実現。フルタイムマニュアルフォーカスも可能。別売りのAPO テレコンバーターを装着すると、APO TELE CONVERTER 1.4x EX DG では210-700mm F7-9 のMF 超望遠ズームとして、APOTELE CONVERTER 2x EX DG では300-1000mm F10-13 のMF 超望遠ズームレンズとして使用できます。着脱可能な三脚座(TS-31)も標準装備しています。


レンズ構成:15群21枚
画角 16.4°-5°
絞り羽根枚数:9枚
最小絞り(W端):F22
最短撮影距離:220cm
最大倍率:1:5.2
フィルターサイズ:φ86mm
レンズフード:丸形フード
最大径×全長:φ94.7×252mm
重さ:1,910g
付属品:ケース、フード[LH927-01]、ショルダーストラップ、三脚座[TS-31]

本日、ショップに予約注文をした。

キャノン用は先日10日に発売になったが、ニコン用はまだいつ入荷するかわからないという。

待ち遠しいが、レンズが届くまでの間、しっかりとイメージトレーニングに励むとするか!

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 30代オヤジへ

よろしければ、クリックのご協力をおねがいします。

サイバーショット

普段常に持ち歩いているコンパクトデジカメを御紹介しよう。

Photo_3

これは先日購入したサイバーショットのW170

広角28mm×光学5倍ズームのカールツァイスレンズを搭載で、

有効1010万画素ということで、コンデジも遂にここまできたか!

こいつを購入する前は、

Photo_4 2006年に購入したサイバーショットのT9を愛用していたのだが、こちらは光学ズーム3倍の600万画素。

常時持ち歩いて、手軽に撮影するにはこのT9でも充分だし、T9の方がスリムで持ち運びに便利なのだが、そこはやはり新製品の魅力には勝てなかった(^^;)

しかし、コンパクトデジカメも益々進化して行くなぁ。

W170は俺の鞄に・・・T9は現在家内が愛用している(笑)

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 30代オヤジへ

よろしければ、クリックのご協力をおねがいします。

2008年5月11日 (日)

彼岸花

このカテゴリーでは、過去にD80で撮影した写真を御紹介しようと思う。

960 960_2

この写真は、昨年の10月にタムロンSP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 (Model272E)を購入した時に、試し撮りに出掛けて撮影した彼岸花。

俺のような初心者の下手くそでも結構綺麗な写真が撮れて感動したのを覚えている。

京都府 相楽郡 精華町

D80+タムロンSP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 (Model272E)

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 30代オヤジへ

よろしければ、クリックのご協力をおねがいします。

D300 試し撮り

Photo_16 自宅にてD300の試し撮りをしてみた。

とは言っても撮るものがないので、とりあえず焼酎(^^;)

次にTVで野球をやっていたので、連写のテストをしてみた。

Photo_17 Photo_18 Photo_19 Photo_20 Photo_21 Photo_22

D300+ニコンAF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G (IF)

見事に三振を奪った!

それにしてもこのD300、まるでマシンガンでも発射しているかの様な迫力のある連写だ!

シャッター音も「写真を撮ってる~」ってビンビン伝わってくる。

撮る喜びを感じ、モチベーションの上がるカメラである。

画像のお粗末さは、ご勘弁を(汗)

[カメラ] ブログ村キーワード ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ、クリックのご協力をおねがいします。

ネイビーブルー

本日は、ネイビーブルーのスーツを御紹介させて頂こう。

Photo_9

Photo_10 フラワーホールは、ブルーをチョイス。

Photo_11 ボタンホールもブルーで、ナナメにしてみた。

Photo_12 ボタンの色はシルバー。

Photo_13 袖は、本切羽4つボタンでボタンホールはナナメに。

先端より2番目のボタンホールを、ポイントカラーとしてグブルーに。

Photo_14 裏地は同色系で渋くまとめてみた。

Photo_15 カラークロスもやはり同色系のブルーをチョイスした。

スペックとしては、

シングル2釦 襟はハイゴージ。胸はバルカポケット・腰はチェンジポケット。 総裏サイドベンツで総ステッチ(太番手同色)、裏は台場

11960

このスーツには、ジョンロブのフィリップⅡがよく似合う。

22960 33960 44960

ネイビーブルーと、赤茶系の靴がベストマッチだ!

このスーツは今春一番のお気に入りだ!!

[スーツ] ブログ村キーワード にほんブログ村 ファッションブログ メンズファッションへ

よろしければ、クリックのご協力をおねがいします。

2008年5月10日 (土)

Nikon D300

D30011

ついにこの手に・・・!!

ニコンのデジタル一眼レフ「D300]だ!

D30033 D30022

昨年の9月にD80でデビューして、11月に上位機種である、このD300が発売されたのだが、正直言ってずぅ~っと気になっていた。

D30055 D30044

D80も素晴らしいカメラなのだが、やはりこのD300の性能には遠く及ばない。 

D3006 D3007

昨年11月の発売開始前に、「ニコン塾」という勉強会に参加したおり、先生が手にしていた「D300

D30066

説明を聞くと、特に感度が素晴らしく、ちょっとした夜景なら手持ち撮影もOKとのことだった。

まだまだ超のつく初心者であり、いつも持ち歩いているソニーのサイバーショットで充分だとは思うのだが、やはりニコンの一眼レフは格好いい!

ずっと欲しかったものが今日、やっと手に入った!!

ガキの頃の自分に戻ったかの様にはしゃぐ俺がいる(笑)

[ニコン] ブログ村キーワード

ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ、クリックのご協力をおねがいします。

豊臣秀吉

このカテゴリーでは、俺が今まで読んだ本や、今から読む本を御紹介しようと思う。

まず初めは「豊臣秀吉」

Photo_3 1987
講談社
山岡 荘八

今から、22年前・・・
俺が始めて活字と出会った一冊だ!
この一冊が、俺の人生を変えたと言っても過言では無いだろう。

戦国に生きる男達の「国盗り合戦」

美しき男達の滅びの美学・・・
全八巻。
今、改めて読みたい、俺の兵法書だ!!

[豊臣秀吉] ブログ村キーワード

ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ、クリックのご協力をおねがいします。

夜景

ド素人で御恥ずかしいのだが・・・

960

960_2

960_3

960_4

奈良県生駒山

D80+AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G (IF)

三脚 El Carmagne 645

[夜景] ブログ村キーワード

ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ、クリックのご協力をおねがいします。

2008年5月 9日 (金)

ジョンロブからの招待状

[オーダーメイド] ブログ村キーワード

Photo_15

JOHN LOBBより「メード・トゥ・オーダー・フェア」開催の案内状が届いた。

Photo_16 Photo_17

通常のオーダーでは、30%の別途オーダーチャージが発生するが、オーダー・フェア中については、通常店頭価格で購入できるらしい。

俺が懇意にして頂いている大阪ヒルトンプラザ店では、5月24日(土)~28日(水)の期間だ。

欲しいデザイン、LAST等、沢山あり過ぎて困ってしまう・・・

特に新色のミディアムグレーのものは最高に格好いい!

はてさて、どうしたものか・・・?

まったく贅沢な悩みである。

にほんブログ村 ファッションブログ メンズファッションへ

よろしければ、クリックのご協力をおねがいします。

ブラックスーツ

[スーツ] ブログ村キーワード

本日はブラックスーツを紹介させて頂こう。

Photo

Photo_4 フラワーホールは、グレーをチョイス。

Photo_5 ボタンは、薄紫系。

Photo_6 袖は、本切羽4つボタンで先端より2番目のボタンホールを、ポイントカラーとしてグレーに。

Photo_7 裏地もやはり薄紫系で。

Photo_8 Photo_9 カラークロスはレッドをチョイスした。

Photo_10 Photo_11

スペックとしては、

シングル2釦 襟はハイゴージ。胸はバルカポケット・腰はチェンジポケット。 総裏サイドベンツで総ステッチ(太番手グレー)、裏は台場

Photo_12 Photo_13 Photo_14

ブラックスーツをはおってブラックカーフのジョンロブを履くと、身も心も引き締まるから不思議だ!

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ファッションブログ メンズファッションへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 30代オヤジへ

よろしければ、クリックのご協力をおねがいします。

2008年5月 8日 (木)

JOHN LOBB 2007

Photo_3

ジョンロブのイヤーモデル「2007」を御紹介させて頂こう。

Photo_4 Photo_5

LAST:1105  BLK LORD CALF(JOHN LOBBで一番薄い革)

もちろん、プレステージラインである。

Photo_7 Photo_8

このモデルでは、つま先に「レーザー彫り」が施されている。

つま先の艶やかな光沢についつい目を奪われる!

Photo_9 Photo_10

ソールのウェストラインは無論、引き締まっている。

Photo_11

このイヤーモデルでは、他のモデルと比べシューツリーの色が濃いのが特徴のひとつだ。

Photo_12 Photo_13

俺は茶系の靴が好きなのだが、ジェントルマンを目指し、極める為には、やはり「黒い靴」は外せない。 

Photo_14 Photo_15 Photo_16

ここ一番では、この黒のジョンロブを選んでしまう俺がいる。 

一生涯、俺のワードローブを飾り続けることは間違いない!!

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ファッションブログ メンズファッションへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 30代オヤジへ

よろしければ、クリックのご協力をおねがいします。

VAIO

Photo Photo_2

今年の2月に梅田にあるヨドバシカメラで、新型のVAIOをオーダーした。

■VGN-SZ95S (Home Premium)
■インテル Core 2 Duo T9300 (2.50GHz) /S
■ハイブリッドHDD 約160GB (5400回転/分) /S
■メモリー 2GB (2GB×1) /S
■軽量DVDスーパーマルチ (DVD±R DL対応) /S
■指紋認証搭載/TPM搭載/FeliCa搭載 /S
■13.3型クリアブラック液晶 (スリムLED) /S
■SZ95/ブラック/カメラ搭載 /S
■日本語配列/シルバーキーボード /S
■DSD Direct Player /S
■VAIO Topic Visualizer
■[SZ95/FeliCa搭載/WWANなし] /S
■[SZ95/Bluetooth搭載/WWANなし] /S
■Office Personal 2007 /S

PCをオーダーするのは初めてだったが、VAIOのオーナーメイドと言うサービスを利用して、自分だけのオリジナルに挑戦してみた!

俺の仕事上、まだXPの方が有利なので、事務所のPCはXPのまま。
なので、まずはモバイルノートで試してみて、うまく行ったらデスクトップもオーダーしようと企んでいる。

ブログランキング・にほんブログ村へ よろしければ、クリックのご協力をおねがいします。

2008年5月 6日 (火)

D80

D80960

昨年の8月にダイエット(生活習慣病予防)の為に山歩きを始めた。

雨の日以外は、出来る限り早起きして近所の山まで湧き水を汲みに行くことにしたのだ!

最初の頃は少し歩いただけでゼェーゼェー言って休憩ばかり・・・ 汗も滝のように流れて来て、ただ歩くことがこんなにも辛いことだったのかと思い知らされた(^^;)

そんな俺でも歩くのに慣れて来てからは、景色を楽しむ余裕も出てきて、花や草木、水の流れや樹木の隙間から差し込む陽、それと山頂から眺める大パノラマにすっかり魅せられてしまった(^^)

そこで、そんな素晴らしい自然たちを写真に収めてみたいと思うようになり、ついに昨年の10月デジタル一眼レフカメラを購入しました!

相棒の名は「ニコンD80」だ! 

レンズは、ニコンのAF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G (IF) と

タムロンのSP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 (Model272E)、

シグマ10-20mm F4-5.6 EX DC HSM を愛用している。

ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ、クリックのご協力をおねがいします。

2008年5月 5日 (月)

日帰り温泉

今日は、自宅から1時間足らずで行ける「摂津峡」へ家内と2人で温泉と昼食を取りに出かけて来た。

960

http://www.sansuikan.com/

960_2 960_3

子供の日ということもあって、川辺ではバーベキューを楽しむ家族連れが多かった。

Photo

ここでは、午前11:00~午後3:00まで部屋で寛ぐ「日帰り温泉」が楽しめ、ゆっくりと温泉につかり、会席料理を頂いた。

うちでは、結婚記念日が11月26日で(イイフロ)なので、今まで色んな温泉へ出かけて来たのだが、一番のお気に入りは「奥飛騨温泉郷」の露天風呂だ! まさに秘湯という表現がピッタリで、奥飛騨山脈(北アルプス)の壮大な景色を一望しながら温泉に浸かるという最高の贅沢を味わえる。

今回は時間がなかったので、摂津峡にしたのだが、自宅からこんなに近い場所にある「オアシス」に俺の心も癒される。

次回は6月に蛍を見ながら温泉に浸かるとするか!

ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ、クリックのご協力をおねがいします。

2008年5月 4日 (日)

シルバージュエリー

俺が愛用しているシルバジュエリー達を御紹介させて頂こう。

Bwl1s Bwl2s

Bill Wall Leatherのペンダントは、釣り針をモチーフにした「フィッシュフック」が大のお気に入りで、石入りの小さい方が仕事のスーツ用で、大きい方がプライベート用と使い分けている。
もう4,5年になるかな?

Photo_2

CHROME HEARTSのごっついリングは、かれこれ7年程常に指にはまっている。
この7年で痩せたり太ったりしたので、その度にサイズ変更したりして、少し変形しているが(^^;)
でもそれが「味」というものだ!!

Photo_3

これはホピ族のもので、かれこれ10年くらい身につけている。インディアン独特のモーチーフでかなり気に入っている。

Photo_4

生きるのに必死で、結婚式を挙げる金も無く、結婚指輪すら買えなかった甲斐性無しの俺が、
平成8年より始めた商売が一段落した6年ほど前、
心斎橋のクロムハーツで買った、おそろいの指輪・・・

傷だらけだが、
俺達夫婦にとっての、
ささやかな、愛の証だ・・・

俺は革物が大好きだが、こういった思い入れのあるジュエリーも歳を重ねて行くごとに益々愛着が沸いてくる!!!

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ファッションブログへ にほんブログ村 ファッションブログ メンズファッションへ

よろしければ、クリックのご協力をおねがいします。

2008年5月 3日 (土)

伊達メガネ

俺の視力は、両眼共1.5~2.0である。 ガキの頃から眼に不自由したことは無いのだが、最近PCと睨めっこしている時間が長く、また本をよく読むので、かなり眼を酷使していると思う。 時たま眼がショボショボして車の運転すらままならないことがあるのだ。 そろそろ歳だし、眼を労わらなければと思い、伊達メガネをする様になった。 毎日かけているわけではないが、その日の気分で・・・

1

2

アランミクリのものだが、主に休日カジュアルの時にかけている。

1_2

2_2

こちらはカルティエのものだが、かけると知的な雰囲気になるので、主に平日スーツ時に愛用している。

メガネとは不思議なもので、かけると表情や雰囲気がガラリと変わるものである。 この2つの伊達メガネは、なんとなくだが、「インテリ」っぽく変身できるアイテムとして至極気に入っている。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ファッションブログへ にほんブログ村 ファッションブログ メンズファッションへ

よろしければ、クリックのご協力をおねがいします。

モラルのない人種

またもや船場吉兆が醜態を晒した。↓

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080502-00000935-san-soci

牛肉の産地を偽装表示していたことが記憶に新しい「船場吉兆」だが、今度は客の食べ残しを使い回していたとは・・・どこまでお客さんをを馬鹿にすれば気が済むのか!

俺達大阪人からしてみれば、船場吉兆で食事をしたと言えばちょっとしたステータスだったはず。 大げさな言い方だが、一生懸命働いた自分への御褒美や、大切なお客様の接待、あるいは、彼女の誕生日や結婚記念日等の特別な日に食べに行く様なお店だったはず。

衣食住とは、人類にとって無くてはならないものであり、昨今食の問題、不祥事が次から次へと発覚しているが、俺達はいったい何を信用すればいいのだろうか?

ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ、クリックのご協力をおねがいします。

カルティエ・ロードスター

家内にプレゼントした時計なのだが、

Photo

カルティエのロードスターというモデルだ。

Photo_2

ブルーの文字盤は、世界2500本限定らしい。 「稀少」とか「一生もの」とかいう響きに弱い俺は、すぐに飛びついた!

11

清涼感あふれるブルーの文字盤。3時位置の日付表示は拡大レンズになり視認性抜群です。ケース四隅のビス留めもカルティエらしいデザインに。

22

交換可能なステンレスのブレスとブルーのステッチが入ったホワイトのベルト。ステンブレスは艶ありと艶なしのコンビブレス。レザーベルトはアジャスター付バックルになっているので、腕周りの調整がお好きな長さで可能。その日の気分で使い分けることが可能だ!

家内には今まで散々苦労をかけてきたので、せめてもの罪滅ぼしだ(^^;)

家内や子供達の喜ぶ顔を見るのが、今の俺の最高の幸せであり、その笑顔の為に毎日頑張っている!!

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ファッションブログ メンズファッションへ

よろしければ、クリックのご協力をおねがいします。

2008年5月 2日 (金)

THE FEW A-2

俺の宝物のひとつであるTHE FEWのA-2を御紹介させて頂こうと思う。

Few1_2

世界中で最も知られたフライトジャケットといえるのが、このA-2。
 1931年、米国陸軍航空隊のサマーフライングジャケットとして正式採用され、以降第二次世界大戦終了の1945年まで飛行士に愛用された。1945年には、1935年にデュポン社によって開発され、画期的な人工素材とされたナイロンを使用した初のライトゾーン用(10℃~30℃)フライトジャケットのL-2が後継ジャケットとして採用された。
 当時の代表的メーカーとしては、ROUGH WEAR CLOTHING.CO.、J.A.DUBOW MFG.CO.、WERBER  SPORTS WEAR CO.等が知られている。
 1988年、A-2は現米国空軍により再度標準採用されている。

 (レザー)フライトジャケットといえば、まずA-2!
 このA-2を語る際のアイコンとして頻出するのが、1963年公開の映画「THE GREAT ESCAPE」(大脱走)の主役・クーラーキング=ヒルツことスティーブ・マックィーンである。映画の中でのA-2着用シーンはそれほど多くもないのだが、A-2というと「大脱走」のマックィーンを上げる人が多いのではないだろうか。
 軍服なので当然だが、スタイルに変更がないので流行に関係なく着ることができる。また、サマーフライングジャケットであるので汎用性に富み、日本の気候下では他の多くのレザージャケットと比べても着用期間を長く取ることができるためオススメの1着でもある。

<THE FEW FLIGHTJACKET>
A-2 JACKET, FLYING, SUMMER
フライトジャケットの代名詞と成るのがA-2ジャケットであり、そのシンプルな中に 洗練されたシルエットは飛行服としてコックピットの中でパイロット・ジャケットに 留まらずレザージャケットの原点とも言える。戦後60年の間のレザージャケットは常 にこのA-2を通して進化して来たと言っても過言ではない。 大戦中のパイロットは空軍の上級仕官でありA-2を着る事でフォーマルなジャケット としてオフィサー達が愛用し、半世紀の間常に多くのファンを魅了し続けてきたKing of the jacketである。

<THE FEWのフライトジャケットの世界>
THE FEWは世界のBESTと言われるフライトジャケットを作り続けて15年の経験を持ち 馬革、シープスキン、山羊革、ベルト革など世界4大陸9カ国から素材を集め革の原皮 からジッパー、裏地、付属に至るまで一切の妥協を排除し最高のモノ作りを目指して 日々進化をしている南太平洋のニュージーランドのクライストチャーチから世界に発 信しているフライトジャケットのブランドである。

THE FEWのフライトジャケッとは日本を始めとしてアメリカ、ヨーロッパのフライト ジャケットのファンを初めとして民間パイロット、飛行機、戦闘機のコレクターなど から評価を得ているばかりではなく、アメリカ空軍退役エースパイロット協会のオ フィシャルジャケットとして協賛活動を進めると共に現役アメリカ空軍、英国空軍と も関わり、人類が持ち続けた空を飛ぶと言う『夢』20世紀の最大の発明である飛行機 を通して世界の人々と関わり続けているのである。

これ等の活動はマスプロダクションの製品とは違った職人の技であり、素材への拘り であり、それを知る人が評価を与えてくれることで報われると思っている。THE FEW のジャケットがハリウッド映画の製作に関わるのは本物を知る人間が認めてくれた結 果であり、現在も新に3本の映画に対しての衣装提供の依頼を受けている。THE FEWは マスメディアによってブランドを急成長させる事を否定し、製品を通 してTHE FEWを 認めてくれる人々と共にあり、共に成長して行きたいと願っているのである。

Few2_2

まだ着込んでいないので革も若いが、そのクォリティの高さは随所に見られる。 俺自身、休日は比較的デニムスタイル・アメカジで過ごすことが多く、Tシャツに自分で育てたジーンズを履き、このA-2をワイルドに羽織って足元はホワイツブーツで完璧だ!

今後よりいっそう、この頑固な馬革が俺の身体に馴染み、俺だけの皺、俺だけの傷を刻んで行くに違いない。

まさに身体に吸い付くような着心地を目指して、こいつと付き合って行こうと思う。

THE FEW MFG OFFICIAL WEB SITE↓

http://www.thefewmfg.com/top.html


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ファッションブログ メンズファッションへ

よろしければ、クリックのご協力をおねがいします。

ピンクストライプ

チャコールグレーにピンクのストライプを施したスーツを紹介させて頂こうと思う。

Photo_2

Photo_3

フラワーホールはピンクの2つ穴。

Photo_4

ボタンはブラック×レッドのツートンをチョイス。

Photo_5

袖は開き見せの5つキッシングボタン(重ね)ボタンで、先端より2番目のボタンホールを、ポイントカラーとしてピンクに。

Photo_6

裏地はピンクのストライプを持ってきた。

Photo_7

カラークロスはピンクをチョイス。

スペックとしては、

シングル3釦中掛け段返り 襟はハイゴージ。 胸はバルカポケット、腰はチェンジポケット。 総裏サイドベンツで総ステッチ(太番手同色)、裏は台場

このスーツには、ピンクのシャツ・ピンクのネクタイを合わせているが、綺麗にマッチしていて結構気に入っている。

足元には主にバーガンディーの靴を合わせている。

Photo_8 Photo_9 Photo_10 こんな感じの雰囲気になる。(スコッチグレイン・インペリアルⅡ 930BO)

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ファッションブログ メンズファッションへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 30代オヤジへ

よろしければ、クリックのご協力をおねがいします。

2008年5月 1日 (木)

ホワイツ・セミドレス

960 昨年オーダーしてから、実に5ヶ月待たされたセミドレスだ。960_2 960_3 960_4 数々の名品を排出する名門ホワイツの逸品のひとつ『セミドレス』5インチブーツ。見る人が見ればはっきりと解かる、重厚で質実剛健、履く人の事を考え、実用のみを追求した作りは革靴マニアでなくても陶酔してしまうほどである。このシューズの基本使用目的はあくまでもワークブーツだが、名前にもあるように、ドレスシューズとしても活用できるよう洗練されたデザインと作りを実現した、まさにセミ・ドレスの名に相応しい靴と言える。良質で重厚な皮革を使用しているので、履き馴らすまでにはかなりの時間を要するが、ケアもしっかりと使用すればまさに一生モノのブーツだ!

Semidoresusoru960 960_5

    サイズ:8 1/2E

    シャフト:5インチH

■レザー:ウォーターバッファロー/バーガンディ(ライニング有)

■ソール:トリプルレザーソール

    パーツカラー:カッパー

    パーツ仕様:レギュラーパターン

    トゥボックス:シングルプラスティック

    エッジ:ノーマル(同色染め)

    トップエンド:カットオフ

Photo_7 Photo_8 俺の大好きな色であるバーガンディーの色気と、男らしい無骨なソールが見るものを圧倒する!

Photo_4 Photo_5 Photo_6 特筆すべきは、トリプルレザーソールだろう。ミッドソールをダブルにした上でレザーソール仕様にしている為、かなり「パンチ」の効いた仕上がりとなっている。 少々のことでは足に馴染まないとは思うが、そこがまた男心をくすぐるのだ! 

Photo_3 Photo_2 Photo アメリカらしい、無骨さが格好いい。

このウォーターバッファローのバーガンディー、ホワイツでは廃盤になるらしい。 そのことが更に俺の所有感を満たすことになった!

こいつも「一生の相棒」になることは間違いない!

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ファッションブログ メンズファッションへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 30代オヤジへ

よろしければ、クリックのご協力をおねがいします。

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

フォト