闘龍@粋鶏のカメラブログこちらへもどうぞ↓↓↓

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

【みんカラ】

無料ブログはココログ

トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008年4月30日 (水)

ビジネスバック

ビジネスカバンに関しては、自分の気に入った形状・質感と使いやすさとは別物であり、今までに実に様々なブランド・形の鞄を愛用してきたが、なかなかベストのものには出会えないものである。

Photo これは、LOUIS VUITTONのノマドというラインの鞄で、いわゆる「ヌメ革」でできている。雨には弱いが、経年と共に色が深くなって行くのを楽しめる鞄だ。

Photo_2 GUCCIのものは、シンプルな中にも色気があり、鞄だけではなく、気に入っているブランドだ。 どの様な服装にでも合うこの鞄は毎日スーツではなく、デニム等でも仕事する俺のライフスタイルにマッチする鞄である。

Photo_3 ZERO HALLIBURTONは、主に雨の日様に愛用している。とにかく頑丈で無骨なスタイルがどこか格好良い。

Photo_4 Photo_5

土屋鞄のヌメ革ハンディダレス。 PCや書類を持ち運ばない時に、手帳や名刺入れ、携帯・タバコ等の小物を収納するのにちょうどいい。http://www.tsuchiya-kaban.jp/shop/A184/pVy1BSMvx/syoinfo/123

そして、俺が行き着いた鞄が、Photo_6

大峽製鞄のザ・ダレスバッグ(ノーザンプトン)だ!

http://www.ohbacorp.com/catalog.php?productid=311

Photo_7 本当に良い革を仕入れた時でないと作らないという、最高のブライドルレザーを使用した最高峰の鞄である!

英国が誇る最高の革、それが「ブライドルレザー」だ! ブライドルレザーは、元々は貴族の馬具様に作られた革なので、堅牢で耐久性が極めて高く、年十年の使用にも耐えてしまう。 しかも、使い込むほど表面に光沢を増し、色や風合いが深く熟成してゆく。 

俺もいつかは「ダレスバッグ」をという思いがあったが、30代の若僧では持てないオーラがあった。 

しかし、どうしても欲しくなったのだ。 ただ、本物のブライドルレザーを追求すると、やはりハンドメイドの商品に行き着く為、大量生産とは違い、市場に出回る数が圧倒的に少なく、その殆どが一点物なので、探すのに苦労した。 半ばあきらめかけていたのだが、ふらりと立ち寄った阪急メンズ館で偶然見つけたのだ! しかも、俺が欲しかったバーガンディーではないか!! 勿論、後先考えず即買いだった!!!

表面に浮き出たロウが無くなり、底光りする渋さが出てくるはずだ。

ついに行き着いた「男の鞄」 きっと一生の相棒になるに違いない。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ファッションブログ メンズファッションへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 30代オヤジへ

よろしければ、クリックのご協力をおねがいします。

2008年4月29日 (火)

サングラス達

Photo_6

俺が愛用しているサングラス達を紹介しようと思う。

1 2

まずは、最近一番かけることが多いPOLICE。 比較的薄いので年中、昼も夜もかけることが多い。 主にラフスタイルに合わせている。 

1_2 2_2

これも上と同じくPOLICE製。 上の物に比べて濃いので夜の運転には少々辛いが、主にスーツに合わせている。

1_4 2_3 3

GUCCI製のもので、結構気に入っているのだが、何故か家内の車のダッシュボードに入っているので、使用頻度は低い。 殆ど家内に奪われたって感じだ(^^;)

1_5 2_4

これもGUCCI製で、かれこれ7年ほど愛用している。 流行には関係なくシンプルな形状なので、いつでも気軽にかけれるのが重宝している。

1_6 2_5

同じくGUCCI製。 最近では殆ど出番がなくなったが、たまにフッと思い出し、何故かかけてみたくなるサングラスだ。 あえて言うならば「代打の神様」ってところか(^^)

1_7 2_6

これは大丸オリジナル。 つまり別注であり、俺の所持するアイウェアの中では一番高価なシロモノだ。 ちなみにGUCCI製のものなら10個位購入できるくらい奮発した。 ホワイトゴールドを使用し、自分に一番似合うであろう、かつ最もかけやすい形にとことん拘った。 2年ほど前に、思わぬ収入が入り、自分へのご褒美、更なる奮起を促す為に購入に踏み切った。カジュアルな装いにはNGで、スーツ専用のサングラスだ。

1_8 2_7

Oakleyのモンスタードッグと言うモデル。 POLARIZED(偏光レンズ)のこのサングラスは大変便利で、真夏のドライブから、魚釣り・ゴルフ・山登り等、あらゆるアウトドアシーンで大活躍である! 何より頑丈なので、かけていて「安心感」のあるサングラスだ。

1_9 2_8 3_2

Oakleyのハーフジャケット。 購入した当時は、ゴルフでサングラスといえば、プロゴルファー宮里藍ちゃんの愛用するこのハーフジャケットが有名であった。 なるほど確かにかけやすくプレーの妨げにもならない。 グリーン上での芝目やラインを読む時にも大変見やすい! このサングラスは、100%ゴルフ専用に愛用している。

以上が俺の愛用するサングラス達である。 他にも所有しているが、こいつらが今のレギュラーであり、TPOや気分に合わせて使い分けている。

拘りとしては、脱着時は絶対に両手で! 1日使用したものは必ず自宅へ帰った後洗い、磨くことだ。 きちんと手入れすることにより、万一不具合が生じていても早期に対応できるし、また次にかける時には新鮮な気持ちで玄関を出れるのだ。 そして何よりメンテナンスすることにより、「愛着」がわいてくる。 

さて、本日の相棒はどいつにしようか・・・

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ファッションブログ メンズファッションへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 30代オヤジへ

よろしければ、クリックのご協力をおねがいします。

ルフィールド

11 ジョンロブのルフィールドである。

22 33

ラストは8000番。ワイズはE。

フィリップⅡと同じく、ジョンロブ最高峰の「プレステージ」ラインで、ミュージアムカーフの色はレッドをチョイス。

44 55

なんとも言えない美しさで、レッドのムラ染めがセクシーである。

66 77 88

いつまでも眺めていたい逸品だ!

Photo Photo_2 ソールの引き締まったウェストラインは、やはりジョンロブの特徴で、見えないところへの「拘り」が、男心をくすぐる。

01 02 03 04

このルフィードは、「007カジノロアイヤル」において、主人公のジェームズ・ボンドに抜てきされた、イギリス出身の実力派、ダニエル・クレイグが色違いのブラックを履いていたことでも有名である。

Photo

磨くほど底光りするジョンロブの革。 さすがはエルメスグループだ!

Photo_2 Photo_3 Photo_4

そのあまりの美しさに時を忘れて、つい見とれてしまう自分も悪くはない・・・

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ファッションブログ メンズファッションへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 30代オヤジへ

よろしければ、クリックのご協力をおねがいします。

2008年4月27日 (日)

S.T. Dupont

俺流、こだわり喫煙具・ライターである。

1960 梅田の大丸で購入したライン2の16719ブラックダイアモンドである。

2960 空や雲が写っている。なんとも美しいライターだ!

3960 俺はずっとショートホープ一筋で、一日に60本ほど吸うのだが、最近さすがに歳を考え、本数を減らさなければ・・・

ブラック 純正漆、パラディウム フィニッシュ
ブリリアントカット ダイアモンド1個(0.032カラット)
直径:2mm

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ファッションブログ メンズファッションへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 30代オヤジへ

よろしければ、クリックのご協力をおねがいします。

2008年4月25日 (金)

ライトグレー

本日は、ライトグレーのスーツを紹介させて頂こうと思う。

1 オーダースーツに関してはここ最近、奈良の「ツキムラ」と言うショップにお世話になっている。

2 フラワーホールは2つ穴。

3 ボタンホールはナナメ。

4 ボタンは、「スターライト」をチョイスした。

5 チェンジポケットは重ねて配置している。

6 袖ボタンは4つで重ねず並べ、本切羽にし、先端より2番目のボタンホールをポイントカラーとしてブラックに変えている。

7 俺は春夏物でも「総裏」に拘っている。暑いからと行って「背抜き」にすると、なんとなく背中がよれよれになる気がして仕方ないのだ。 性分だろう。 8月の猛暑においても精一杯のやせ我慢だ!

裏地はパープル(ラベンダー)をチョイス。

8 カラークロスはピンクをチョイス。 この辺は「オチャメ」ということで。

スペックとしては、

シングル2釦 襟はハイゴージ。胸はバルカポケット・腰はチェンジポケット。 総裏サイドベンツで総ステッチ(太番手ブラック・5mmIN)、裏は台場

拘りとしては、車の運転ではジャケットは必ずハンガーにかけ後部座席に吊るす。 帰宅して真っ先にブラッシングし、霧吹きで水分を与えシワをのばす。

足元は主に赤茶系の靴を合わせている。

01 02 03 04

靴:ジョンロブ・ルフィールド(レッドミュージアムカーフ)

俺の戦闘服は、いつでも出陣準備は整っている。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ファッションブログ メンズファッションへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 30代オヤジへ

よろしければ、クリックのご協力をおねがいします。

香水

「上質な清潔感」を買う時代。だからこそ、心安らぐ香り「クリーン」

Photo_5 俺が愛用している香水である。

クリーンのブランドコンセプトは「「シャワーを浴びた直後」の香りであり、優しさと清潔感に満ち溢れた香りは、そっと身を包み込み、上質な安らぎ感へと誘う。

左がシャワーフレッシュhttp://www.wakaba.co.jp/item/0000320.html

右はアルティメイトhttp://www.wakaba.co.jp/item/0000274-22.html

元来、香水の類は全く興味の無かった俺だが、2年ほど前に家内と立ち寄った大丸心斎橋にてクリーンの香りと出会った。

それ以来、ON・OFF問わず愛用している。

(某サイトより抜粋)セレブリティを虜にする香り「クリーン」

2003年フュージョン ブランズ社(創始者:ランディ・シンダー)が作り出した、
ファースト フレグランス「クリーン」は、欧米各国のセフォラ発売と同時に売上一位を獲得。
実はこの香りにすぐさま反応したのは名だたるハリウッドセレブ達。
いつも見る人に夢を運ぶ憧れの存在、そして本当のラグジュアリーを知りつくしたセレブだからこそ選んだ
「クリーン」。
セルフ プロデュースに清潔感が欠かせないセレブが良きパートナーとして選んだ香りなのです。

クリーン 愛用セレブリスト・・・セレブたちが、こぞって「クリーン」を愛用!

キャメロン・ディアス ハル・ベリー サンドラ・ブロック ジェシカ・シンプソン ニコール・キッドマン 
アリシア・シルバーストーン デミ・ムーア ジェイミー・リン・シグラー ダリル・ハンナ
コートニー・コックス・アーケット ジェニー・ガース アリ・ランドリー タリン・マンニング・・・・etc

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ファッションブログ メンズファッションへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 30代オヤジへ

よろしければ、クリックのご協力をおねがいします。

超一流の流儀

ジョンロブ 大阪ヒルトンプラザ店より、オープン一周年催しの招待状を頂いていたが、生憎仕事の打ち合わせが入り、残念だが出席できなかった。

Photo 俺自身、ジョンロブについてはまだまだ駆け出しであり、スタッフの皆さんとは、まだ付き合いも浅いのだが、親切にして頂いていてとても有り難い。

出席は出来なかったが、記念品を頂いた。

Photo_2 男のステータスをくすぐる袋を開けてみると、

Photo_3 中身はチョコレートだった。 しかも、靴を模った粋な記念品だ!

ジョンロブ ヒルトンプラザ店のスタッフの皆さんは、店長を初め皆良い人ばかりだ!

初めて店を訪れた時から、「流石は超一流ブランドのスタッフだ。」と感心しきりだった。

愛想の良い、丁寧な対応、フィッティングに関しても流れる様な的確さで、親身になって応対して下さり、互いに心和むユーモアを交えた会話や、不自然ではない誠意ある所作等、どれをとってもまさに「超一流」の接客だ!

商品に関する質問に対しても即座にかつ的確にアドバイスして下さるところは、日々精進の賜物だろう。

「近いうちにまた靴を購入したい。」 自然にそう思える自分がいる。

ジョンロブとは、そう言うブランドである。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ファッションブログ メンズファッションへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 30代オヤジへ

よろしければ、クリックのご協力をおねがいします。

2008年4月24日 (木)

ホワイツ・スモークジャンパー

ブーツに関しては、特にワークブーツが好きで、レッドウィングやダナー等、今まで実に様々なワークブーツを愛用してきた。

一時はウェスタンブーツにはまり、リオスオブメルセデスなんかを好んで履いたりしたが、最後に行き着いたのが「ホワイツ」だ!

Smjp1 スモークジャンパー・REDDOG。

全ての工程をハンドメイドで行うWhite's!
  その歴史は1世紀以上というロングランブランド。
  選び抜かれた上質な素材と職人による手作りの
  作業、そして足の湾曲に合わせて綿密に設計
  されたデザイン。質実剛健さと機能性を兼ね
  備え圧倒的な存在感を放つWhite'sのブーツは、

  世界中のワークマンに愛され続けている。

Smjp2

White'sの顔ともいうべきSmoke Jumper
  (スモークジャンパー)は「森林消防隊」と
  いう名が示す通り、山にも火にも臆すること
  なく立ち向かうことのできる、非常に丈夫な
  ワークブーツである。どんな状況下にあっても
  足元を守り通してくれそうな機能性の高さは、
  敢えて過酷な状況に自らを置きたくなる程。
  正に作り手の情熱が伝わる一足だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ファッションブログ メンズファッションへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 30代オヤジへ

よろしければ、クリックのご協力をおねがいします。

2008年4月23日 (水)

ジョンロブ・フィリップⅡ

俺が好んで履いている革靴の中でも、一番気に入っている靴がジョンロブのフィリップⅡだ!

960 ラストは7000番で、ワイズはE,贅沢なミュージアムカーフの色はプラムをチョイスした。

960_2 エルメスグループのジョンロブは、英国王室御用達らしく、なかでもこのフィリップⅡは、これ以上望むべくもない世界最高峰の上質な革を使用し、なおかつ牛一頭から一足しか作れないと聞く。

960_3 シームレス(縫い目の無い)美しい踵は、高度な技術があるのはもちろん、革を贅沢に使用しなければできない仕様。エレガンスの追求であり、高次元な美意識の賜物である。

960_4 シンプルでさりげないロゴにも、英国のダンディズム・誇りを感じずにはいられない。

11960 このなんとも言えないセクシーなカラーが、ネイビーブルーのスーツにマッチする。

22960 いつ見ても、何度見てもため息が出るほど美しい靴だ。

33960 流石は、メンズEXの靴ランキング2008で栄えある第1位に輝いた名作「フィリップⅡ」

オーラが違う!

44960 俺はハンドメイドの靴を今までにいくつも見てきたが、「ジョンロブ」に勝る物には出会っていない。

他のブランドでは見ることの出来ない、ウエストのくびれ、7000番ラストを採用し少しロングノーズでシャープなラスティング、透き通る様な上質な革を贅沢に使い、まさに吸い付いてくるような履き心地はジョンロブ以外では味わえないだろう。

まさに「王道」と言えるそのプロポーション。

ダンディズムを極める為に必要不可欠な靴選び。

俺はこの「ジョンロブ・フィリップⅡ」を選択した。

読んで字の如く、足元を見られても恥ずかしくないだけの「風格」がこの靴にはある。

どれだけ仕事で疲れていても、ジョンロブを磨いていると、その美しさに癒される。 まさに至福の時だ!

俺にとっては、一生の相棒になるのは間違いない!

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ファッションブログ メンズファッションへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 30代オヤジへ

よろしければ、クリックのご協力をおねがいします。

コードバン・アイテム

Photo 毎日愛用している財布・小銭入れ・手帳・名刺入れだ。

これは、神奈川県の革工房にオーダーして作って頂いたもので、革はコードバンを使用している。
コードバンとは馬の尻の革のごく一部でしかないから、馬一頭から取れるコードバンはごくわずからしい。

今までサドルレザー等を好んで使ってきたが、今回初めてこのコードバンに挑戦することにした。

財布は、実札の寸法を測り、何度もイメージして自分が一番出し入れしやすい大きさを算出した。 手帳や名刺入れも同様、納得行くまで工房の方と電話やメールで打ち合わせを行い、最も使いやすいと思われる形状、寸法にとことん拘った。

小銭入れは、ジーンズの時はケツのポケットに収納するが、スーツ時には横のポケットに収まるので、あまりゴツいと美しくない。 従って、可能な限り薄くして頂いた。

実に味わいのあるこげ茶にコードバン特有の光沢!!
この財布の狙いは、スーツでもジーンズでもシーンを選ばないことだ。

今回、ネームも入れてもらい、世界でたったひとつの一点物。
俺の大切な「宝物」だ!

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ファッションブログ メンズファッションへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 30代オヤジへ

2008年4月21日 (月)

機械式時計

時計の話をしようと思う。

ガキの頃から機械式時計特にROLEXに憧れていた。 10代の頃は、街で見かけるバブリーな大人達の腕にはまるROLEXを横目で見ながら「ちきしょう。」って呟いていた。

成人して間もない頃、ローンでやっと手に入れたオメガ。 ROLEXには届かなかったが、毎日眺めては一人ニタついていたのを今でも覚えている。

その後、25歳くらいの時に思わぬ臨時収入があり、大丸の梅田店で初めて手にしたROLEXがサブマリーナだった。 こいつとは毎日24時間、どんな時も一緒に過ごしたな。

その後、エクスプローラⅡ、クロノが欲しくなり、ついにはデイトナを手に入れた。 それから、ブルガリのスポーツクロノの金無垢なんかをはめていたのだが、

2003年5月21日、大丸梅田店にてそれは衝撃的な出合いだった。

ROLEXのシードウェラーを購入しようと店に立ち寄ったのだが、ふっと他ブランドのコーナーを覗くと何とも変わった時計が置いてあるではないか!

店員に聞くと、「これはブライトリングです。」

聞いたことのないブランドだったが、なんとも気になって仕方が無い。 店員にしつこく色々聞いていると最後に殺し文句炸裂!!

「俳優の岩城滉一さんも愛用されています!」

この一言で即買いしたのが、B2 画像のB2だった。

このモデルは現在廃盤になっており、主に休日ジーンズファッション時に愛用している。高校1年の息子が大学入学か成人したら譲ろうと考えている。

その後、2006年6月15日、同じく大丸梅田店で出会ったのが、ベントレーGTだ。Photo

ブライトリングとベントレーのコラボで、ベントレーコンチネンタルGTをいつか乗ってやると夢見ている俺にはピッタリの時計だ!

購入して2年弱たつが、いつ見ても惚れ惚れするほどの美しさだ。

S 画像左端は、家内にプレゼントしたコルト・オーシャンヌだ。

ベントレーGTを革ベルトに替えてみた。

Photo_2 奈良にあるブライトリング正規販売店のカサブランカで、初めはブラウンあるいはバーガンディーにしようと思ったのだが、店の方が、「その色だと普通ですよ。せっかくベントレーをお持ちですので、グリーンにしてみたらいかがですか? おしゃれですよ!」との一言で悩んだ末、グリーンに決めた。 初めはピンと来なかったのだが、落ち着いてよく眺めてみると、実におしゃれな感じで至極気に入っている。

この時計は、主にビジネスでのスーツ用だ。シャツやネクタイがピンク・ラベンダー、靴はバーガンディーを多用するので、一番合う革ベルトの色はバーガンディーだと思うのだが、そこはグリーンで外してみるのもなかなかおしゃれだと勝手に悦に入っている俺だ!

ちなみにロレックスやブルガリの時計は今はもう手元に無い。 もはや必要で無くなったのだ。

それほど、「ブライトリング」にぞっこんな俺だ!

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ファッションブログ メンズファッションへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 30代オヤジへ

2008年4月19日 (土)

はじめまして!

皆様、はじめまして!

私、闘龍と申します。大阪在住、歳は38歳で、一緒になって20年目の妻と長男(高1)、娘(中3)、柴犬のリキ(♂)、シーズーのさくら(♀)の6人家族です。

仕事は、小さな建設会社を営んでおります。

今年の7月で39歳になります。 四十路を間近に控え、男としての生き方、ビジネス、ファッション、趣味等の拘りを私流に綴って行きたいと思っております。

ジェントルマンへの道を歩く為に・・・

どうか宜しく御願いします。

トップページ | 2008年5月 »

フォト