闘龍@粋鶏のカメラブログこちらへもどうぞ↓↓↓

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

【みんカラ】

無料ブログはココログ

19 鞄

2012年5月 7日 (月)

紺碧の誘惑

また出会ってしまった・・・・・

Dsc_3847

2012.5.6 PM6:00 

梅田 阪急メンズ館

Dsc_3849

大峡製鞄のイタリアンダレス

Dsc_3734

ブライドルレザー のバーガンディーよりひと回りスリムな形状。

Dsc_3853 Dsc_3851

比較してみると、ネイビーのイタリアンダレスの方がスマートなのがわかる。

Dsc_3867_3

革は、大峡製鞄渾身のサンタクローチェ

勿論、匠職人によるハンドメイド

ひとつひとつ「手造り」にこだわる大峡製鞄を知れば、今まで使っていたいわゆる「ブランドモノ」が持てなくなる。

PSDsc_3860_2

今回、ネイビーの鞄に合わせて、同じくネイビーの小物達を購入したのだが、写真写りが悪いので、詳細はまたの機会に・・・・・

にほんブログ村 ファッションブログ メンズファッションへ
にほんブログ村

2012年4月12日 (木)

ダンディズムの極み

Dsc_3743

ダンディズムな小物達・・・・・

左よりカードケース・ビルケース・馬蹄小銭入れ

全て大峡製鞄のブライドルレザーで統一。

カードケースには数枚の名刺、ビルケースには数枚の札。そして小銭入れ。

これ全て、スーツのシルエットを崩さない為の小物選び。

ブランド物にありがちな「軽さ」が感じられない。

本物の男だけが持つことを許される様な・・・・・

本物の革を持つことにふさわしい男になりたい。

にほんブログ村 ファッションブログ メンズファッションへ
にほんブログ村

2012年4月 8日 (日)

やはり王道は格好良い

Dsc_3734

久々にクローゼットから引っ張り出してきた。

2008年4月にやっと手に入れた大峽製鞄のザ・ダレスバッグ(ノーザンプトン)が無性に使いたくなった。

愛おしくなり磨いてみた。

Dsc_3739

ホワイトハウスコックス社がブライドルレザー専用に開発したクリーム・BRIDLE LEATHER FOODを使用。

やはりノーザンプトンの最高級ブライドルレザーは惚れ惚れする程美しい。

大峽製鞄と言えば、薬箱やランドセルで御皇室御用達のまさに匠。

しかしこの最高級の革に最高峰の職人技は、仮に有名ブランドが別注をかけてつくられたらいったいいくらになるんやろ?? とんでもない金額になるのは必至やな(笑

にほんブログ村 ファッションブログ メンズファッションへ
にほんブログ村

2011年6月10日 (金)

久々の無駄遣い

昨日手に入れたクロムハーツのバッグ!

Dsc_3266

先日、地元の先輩とガソリンスタンドでばったりお会いした時に、このバッグを粋にぶら下げてらして・・・・・

この方↓

http://ameblo.jp/morita-amg/theme-10028435002.html

数日後、「先輩、あのバッグかぶってもいいッスかぁ?」

「おう、全然かまへんで!」

ってなわけで、真似させて頂いたってわけ。

Dsc_3268

クロムハーツ大阪の

Dsc_3269

スタッフS君は、

Dsc_3270

いつ行っても、楽しくてナイスな青年!!

にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ
にほんブログ村

2010年12月 2日 (木)

RAINBOW COUNTRY トートバッグ

Dsc_2505

RAINBOW COUNTRYの

Leather Tote Bag SMALL です!!

購入したお店、MUSHMANSさんいわく、

>ベジタブルタンニングのホースハイドを全面に使用した、このトートバッグ。使いこむことで、革の表情が徐々に徐々に変化していく。このバッグは自身で使用し“完成”させるのだ。

Dsc_2503_2

写真ではわかりづらいかもしれませんが、最上級の馬革にラッカー仕上げ・・・・・・・あえて上塗りをせず、皺やこすれ、はげてきたり・・・経年変化を楽しむには最適のBAGですね(^^)

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村

2010年8月 5日 (木)

レッドムーン モーターマンバッグ2

1

新たに購入した斜めがけです!

3

どんな味が出るか楽しみです!!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2009年9月25日 (金)

クロムハーツ ブリーフケース

久々の物欲(^^)

S

S_2

S_3

午前中に富田林で打ち合わせを済ませ、フッと愛車をミナミへ・・・

何年ぶりかのCHROME HEARTS 心斎橋へ。

てか、カバンを買い替えたいって感じだったので、懇意にして頂いている不動産屋のY口社長が、以前にさりげなく持ってたブリーフケースが急に欲しくなっちゃいました(^^)

で、生憎心斎橋には在庫無し(汗

製造数も少なく、入荷すれば即売れで、次の入荷は4ヶ月後・・・

青山と神戸、京都に一つずつ在庫があるらしく・・・

もちろん行きましたとも!!

門真でもう一件仕事を済ませ、高速を飛ばし、京都のアローズに着いたのは閉店間際のPM7:45(汗

S_4

喉が渇いたと思っていたら、おしゃれなミネラルウォーターが出て来ました(^^)

S_5

お礼にロンTを1枚追加です!!

S_6

ってなわけで、明日出掛けるのが楽しみですね!!

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 30代オヤジへ

2008年9月 7日 (日)

スーツケース

今日は家内と2人で大丸梅田に買い物へ出かけた。 お目当てはスーツケースだ。

Photo_10

ここ1,2年、仕事で東京等の関東圏へ出張する機会が増えた。

生まれてこのかたスーツケースなど使ったことなど無く、いつもは適当に我が家にあるバッグを使っていたのだが・・・

俺は2日続けて同じスーツを着るのが嫌な人である。 同じく、靴も1日履いたら2,3日休ませてあげなければ・・・

上記の様な理由で、東京まで新幹線で行かず、車にスーツや靴等を放り込んで高速で上京したりしていた。

然しながら、やはりきちんとしたスーツケースを購入すべきだろうと考え直し、本日大丸へと出掛けた次第である。

さて、ひと口にスーツケースと言っても大きさや形が様々である。

殆どが1泊の出張であるが、俺の場合、今日のスーツと明日のスーツ、あるいは、今日の靴と明日の靴が違う。

大丸からスーツの仕立て屋さんにTELして念の為今オーダーしているものの肩幅を問い合わせると50センチらしく、1泊用のコンパクトなスーツケースだとサイズが肩幅より短かかったり、2泊する時なんかは、スーツ2着や私服等が全て収まらない(汗)

1時間以上店員さんと共に思案し、色々なスーツケースを開けたり閉めたりした結果、容量が50リットルのものをチョイスした。

2_5

サムソナイトのグラヴィトン スピナーzip expという商品だ。

http://samsonite-store.jp/tenant/samsonite/introduce.PPGG3GP6W.do?IN=PPGG3GP6W

これで次回からの出張では、スーツの皺等を心配することなく、しかも高速を車で飛ばすことなく、新幹線等で上京できるようになった!

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 30代オヤジへ

クリックの御協力をよろしく御願いします。

2008年4月30日 (水)

ビジネスバック

ビジネスカバンに関しては、自分の気に入った形状・質感と使いやすさとは別物であり、今までに実に様々なブランド・形の鞄を愛用してきたが、なかなかベストのものには出会えないものである。

Photo これは、LOUIS VUITTONのノマドというラインの鞄で、いわゆる「ヌメ革」でできている。雨には弱いが、経年と共に色が深くなって行くのを楽しめる鞄だ。

Photo_2 GUCCIのものは、シンプルな中にも色気があり、鞄だけではなく、気に入っているブランドだ。 どの様な服装にでも合うこの鞄は毎日スーツではなく、デニム等でも仕事する俺のライフスタイルにマッチする鞄である。

Photo_3 ZERO HALLIBURTONは、主に雨の日様に愛用している。とにかく頑丈で無骨なスタイルがどこか格好良い。

Photo_4 Photo_5

土屋鞄のヌメ革ハンディダレス。 PCや書類を持ち運ばない時に、手帳や名刺入れ、携帯・タバコ等の小物を収納するのにちょうどいい。http://www.tsuchiya-kaban.jp/shop/A184/pVy1BSMvx/syoinfo/123

そして、俺が行き着いた鞄が、Photo_6

大峽製鞄のザ・ダレスバッグ(ノーザンプトン)だ!

http://www.ohbacorp.com/catalog.php?productid=311

Photo_7 本当に良い革を仕入れた時でないと作らないという、最高のブライドルレザーを使用した最高峰の鞄である!

英国が誇る最高の革、それが「ブライドルレザー」だ! ブライドルレザーは、元々は貴族の馬具様に作られた革なので、堅牢で耐久性が極めて高く、年十年の使用にも耐えてしまう。 しかも、使い込むほど表面に光沢を増し、色や風合いが深く熟成してゆく。 

俺もいつかは「ダレスバッグ」をという思いがあったが、30代の若僧では持てないオーラがあった。 

しかし、どうしても欲しくなったのだ。 ただ、本物のブライドルレザーを追求すると、やはりハンドメイドの商品に行き着く為、大量生産とは違い、市場に出回る数が圧倒的に少なく、その殆どが一点物なので、探すのに苦労した。 半ばあきらめかけていたのだが、ふらりと立ち寄った阪急メンズ館で偶然見つけたのだ! しかも、俺が欲しかったバーガンディーではないか!! 勿論、後先考えず即買いだった!!!

表面に浮き出たロウが無くなり、底光りする渋さが出てくるはずだ。

ついに行き着いた「男の鞄」 きっと一生の相棒になるに違いない。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ファッションブログ メンズファッションへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 30代オヤジへ

よろしければ、クリックのご協力をおねがいします。

フォト