闘龍@粋鶏のカメラブログこちらへもどうぞ↓↓↓

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

【みんカラ】

無料ブログはココログ

18 紳士靴 

2012年5月16日 (水)

シンプルな美しさ EDWARD GREEN CHELSEA

久々にエドワードグリーンのチェルシーを磨いた。

__

ジェントルマンには欠かすことの出来ない「ストレートチップ」

そのシンプルさ故に今まで専ら冠婚葬祭用としてしか履かなかったので、出番が少なかった。

0

然しながら、四十を超え三年が過ぎた今日この頃、

改めて眺めて見ると、無駄のないシンプルさが美しく見えて来た。

やはり世界中の紳士達に愛されるド定番の鉄板靴だけはあるな。

ジョンロブと並び、英国靴の最高峰であるエドワードグリーンが誇るチェルシー

本物のよさを知るのに、購入後4年の歳月を要した・・・・・

にほんブログ村 ファッションブログ メンズファッションへ
にほんブログ村

2012年5月 8日 (火)

ジョンロブ ケンボーン2

ジョンロブ ケンボーン2

ひと月前に購入した、ジョンロブ・ヒルトンプラザ店5周年記念モデルのケンボーン2、本日デビュー!!

にほんブログ村 ファッションブログ メンズファッションへ
にほんブログ村

2012年4月16日 (月)

John Lobb ・CHAPEL

Dsc_3785

調子に乗ってもう1足、本日ヒルトンプラザにて購入

Dsc_3787

ジョンロブのチャペル 

  • Last : #8000
  • Leather : Plum Museum Calf
  • Dsc_3796

    この靴は、トゥからヒールまで一枚革でつくられている

    Dsc_3789

    ヒールは継ぎ目のないシームレス

    チャペル「礼拝堂」と名付けられたこの靴はまさに惚れ惚れする美しさを醸し出している

    Dsc_3792

    Dsc_3794

    俺が好きなバーガンディー等の色は個性も強く、おしゃれに見せやすいが、今年は紳士靴もブーツも「黒」に挑戦してみよう。

    にほんブログ村 ファッションブログ メンズファッションへ
    にほんブログ村

    2012年4月15日 (日)

    これも王道(オールデン)

    Dsc_3772

    昨日、新潟のNATORIYAさんから届いた。

    Dsc_3773

    今回俺が選んだ相棒は、プレーントゥの53501

    Dsc_3778

    ラストはモデファイドラスト。

    足なりにシェイプされ、指先のゆとりとアーチの深いくびれが特徴的。高いフィット感と疲れにくい木型。

    Dsc_3775

    右はジョンロブの名作・フィリップ2

    やはりアメリカの靴はイギリス靴と比べると「武骨」。

    ジョンロブの半分以下の価格でホーウィン社の贅沢なコードヴァンが味わえる。

    Dsc_3779

    揃いで購入したK.T.ルイストンのコードヴァンベルト。オールデンの靴と全く同じ素材のモノ。

    Dsc_3783

    裏には上質なコードヴァンの証が刻まれている。

    さて、オールデンの魅力と言えば、何と言っても履き皺であろう。

    マニアな方の中には履きおろす時に自分で「皺入れ」の儀式を行う方も多数おられるほど、そのエイジングは世界のオールデンファンを魅了する。

    俺的には、履くことによって出来る自然の皺にこだわりたい。

    胸が躍る靴だ!

    にほんブログ村 ファッションブログ メンズファッションへ
    にほんブログ村

    2012年4月14日 (土)

    「王者のプライド」

    2008年4月購入 John Lobb2007

    Dsc_3769

    4年の月日を全く感じさせない

    Dsc_3764

    いつまでも輝き続ける

    Dsc_3765

    それが、王者のプライド。

    Dsc_3763 

    にほんブログ村 ファッションブログ メンズファッションへ
    にほんブログ村

    靴を磨くということ

    それは、靴を愛するということ。 至福のひととき。

    Dsc_3755

    今磨いているのは、ジョンロブ2007のブラック。

    1足仕上げるのにだいたい3~4時間かける。

    Dsc_3756

    クリームやワックスは今までに色々なモノを愛用してきたが、今は専らサフィールかな。

    精魂込めて磨いたピカピカの靴が、急な雨に打たれわずか1日で輝きを失うこともしばしば・・・

    たった1日輝く為にせっせと磨き続けるのだ。

    男には、こんな面倒くさいこだわりが必要だ。

    真のダンディズムとは、手間暇かけることだと俺は思う。

    面倒くさいことを楽しめる奴がジェントルマンだと思う。

    にほんブログ村 ファッションブログ メンズファッションへ
    にほんブログ村

    2012年4月12日 (木)

    世界最高峰の貫禄

    世の中に「世界最高峰」と名のつくものは数あれど、

    Dsc_3754

    「本物」はほんのひと握りに過ぎない・・・・・

    世のジェントルマン達を魅了してやまない靴が、世の中にどれだけあるのか。

    「ジョンロブ」

    まさに「王者」の名にふさわしい靴。

    にほんブログ村 ファッションブログ メンズファッションへ
    にほんブログ村

    2012年4月 6日 (金)

    英国の誇りを楽しむ

    英国靴の聖地・・・・・

    遠くノーザンプトンの香漂うジェントルマンの身だしなみ。

    Dsc_3711

    久々にヒルトンプラザへ・・・

    Dsc_3709

    自身、4足目のJohn Lobb

    Dsc_3699

    これだ~!!

    Dsc_3701

    ジョンロブ ヒルトンプラザ店 スペシャル

    5周年記念限定モデル“CAMBORNE II”

    Dsc_3704

    2007年4月にオープンした大阪・梅田のジョンロブ ヒルトンプラザ店が5周年を迎え、記念のスペシャルモデル“CAMBORNE II(ケンボーン2)”が、4月1日(日)にヒルトンプラザ店にて先行発売された。

    Dsc_3705

    ダブルバックルのエレガントスを極めた限定モデル

    モデル“CAMBORNE(ケンボーン)は、昨年の春にリリースされた、クラシックラインのあたらしいダブルモンクストラップ。ジョンロブのファンにはおなじみの7000番ラストを使ったスマートなフォルムで、トゥキャップにほどこされたメダリオンがとてもエレガントだった。

    今回記念限定モデルとして発売される“CAMBORNE II”は、シンプルなキャップトゥに変更され、より洗練されたイメージに。さらに、バックルがジョンロブのオリジナルになっているの点に注目。ベルト「LA SCALA」とおなじデザインのバックルが足もとにあたらしい印象をあたえる。

    Dsc_3702

    ふぅ~ 相変わらず、ため息モノの美しさ。

    これから履き込んで、磨き込んで、更に妖艶な魅力が増していく。

    4月に入り、相変わらず公私ともに忙しいが、また新たなるステージへ向けてのモチベーションアップにはふさわしい靴だ!!!

    にほんブログ村 ファッションブログ メンズファッションへ
    にほんブログ村

    2010年6月16日 (水)

    雨の日は・・・

    1

    雨の日は靴磨きに没頭します。

    21 31 200701

    ジョンロブ2007

    D700+AF-S NIKKOR 24mm F1.4G ED

    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村

    2010年6月 8日 (火)

    ジョンロブ・フィリップⅡ

    私の一番のお気に入りである、ジョンロブのフィリップⅡを久しぶりに磨きました!!

    Photo

    私の靴磨きは、1足磨くのに大体3時間くらいかかります。

    2

    それだけに、綺麗に磨きあげたお気に入りの靴を履いて出掛ける時は気合が入りますよ!

    3

    さすがは世界最高峰と言われるジョンロブ。
    ため息が出るほど美しい。

    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村

    フォト